若さを保つ美容に良い食事

毎日の食事内容や、食べ方を工夫することで、年の影響を受けにくい美容にいい効果が得られます。どんな人でもいつまでも若々しくいたいと思うものです。体が老化するのは、酸化による影響が大きいと言われています。体が酸化する原因は、加齢の他紫外線やストレスによります。体内の酸化を防ぐ成分を含む食品はいくつか存在しています。美容のためにも、酸化を防ぐ食品を積極的にとって体を老化から守りましょう。美容のためにも、身体機能やお肌が老けてきたなと感じる前に、生活習慣や食習慣を改善して、体にいい食事をしてください。ポリフェノール、リコピン、カテキンといった体を酸化させない成分を含む食品を、日々の食事の中で取り入れていきましょう。抗酸化成分が豊富な食材には、赤ワインやトマト、緑茶などがあります。体を老化から守り、美容にいい食べ物だと言われています。肉類や豆類に含まれるたんぱく質もアンチエイジングには欠かせないものです。どうしても食事だけでは足りない場合にはサプリメントなどの活用もおすすめです。水分摂取を積極的に行い、代謝を活発にすることも健康と美容にいい効果があります。水分不足は、細胞に影響を与えます。水分不足の体は肌がカサカサになる他、代謝が停滞して不要な成分や有害な成分を体の外に出しづらくなります。水を飲む回数を意識して増やすことで、水分不足を解消しましょう。普段の食事は美容や健康に案外と大きな意味を持ちますので、食べるものについてはよく考える必要があります。

紫外線が肌によくない理由

お肌を紫外線から守ることはスキンケアのためには大事だといいますが、なぜでしょうか。紫外線が肌に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。紫外線とは太陽光に含まれる光線の一つで、特別な状況でなければ出現しないというものではなく、普段から受けています。太陽光のうち、明るく見えるのは可視光線であり、そのほかに紫外線と赤外線という見えない光もあります。赤外線は波長が長い光で、紫外線は波長が短い光です。両方の波長の間にあるものが可視光線となります。紫外線は、それぞれの特性によってA波、B波、C波の3つがあり、各々で性質が異なります。3種類の紫外線のうち、UVCと呼ばれる紫外線C波はオゾン層で阻まれるので、地面にまで届くことはありません。近年フロンガスによるオゾン層の破壊が問題視されているため、地上には全くないものと考えない方がよいかもしれません。赤外線自体は、肌に悪い影響を与えることはありません。けれども、赤外線のために肌が暖かくなれば、紫外線の効果が出やすくなります。紫外線の肌への効果が、赤外線によって助長されることもあるといいます。肌を紫外線からガードするためには、UVカットのクリームや装備品で皮膚を守るようにしましょう。

紫外線が肌によくない季節

肌の日焼けが気になることから、夏場になると紫外線への関心が高くなります。UVカット商品が一番市場に出回るのも夏というイメージがあります。しかし、夏以外の季節でも紫外線は地表に到達しています。冬場はやや少なくはなりますが、1年間いつでも紫外線は肌に届いているのです。一番多い季節は6〜8月ですが、3月からもう用心する必要があります。夏に比べれば少ないかもしれませんが、最も多い時と比較しても冬の紫外線でB波20%、A波50%は届いていると言われているのです。たとえ夏でなくても、紫外線への備えは常にしておいた方が、きれいなお肌のためになるでしょう。どのくらいの量の紫外線が地面に届いているかは、季節以外にも変動要素があります。朝、昼、晩など時間帯でも異なりますし、北だったり南だったりという地域の違います。太陽光の反射量が多いところかどうかや、高度によっても違っています。遠出をしたら、出先で日焼けをしたという話もあります。普段と違う場所で、ルーチンと違う行動をとったら、紫外線を浴びてしまったということもあります。時節や天候など、ほんの少しの要因で紫外線量は変わってくるものです。紫外線の影響からお肌を守るためには、一見して紫外線が多くなさそうな時期であっても、しっかり紫外線対策を行うことです。